/ モータの回転速度制御

DCモータの速度調整

負荷がDCモーターまたは機械にかかると、モーターの速度は自動的に低下します。したがって、一定速度を維持するために、無負荷と全負荷速度の差は、 スピードレギュレーション 非常に少なく維持されるべきです。

モーターはそれらがあればよい調整であると言われます可変負荷で一定速度を維持する。永久DCモーターの速度調整の範囲は10から15%です。範囲が10%未満の場合、モーターのDCレギュレーションは良くありません。複合DCモータの場合、調整範囲は25%で、差動複合モータの場合は5%です。したがって、最初に速度調整を理解するには、DCモーターの速度を知っておく必要があります。

内容:

DCモーターの速度

DCモータのEMFの式は、以下の式で与えられます。

DCモータの速度制御式1

モーターの速度(N)を求めると、式(1)は次のようになります。

DCモーターの速度制御式2

したがって、

DCモーターの速度制御式3

どこで、

DCモーターの速度制御式4

上記の式(3)は、DCモータの速度が回転の起電力Eに正比例し、極当たりの磁束に反比例することを示している。

回転のEMFの表現はモーターと発電機の両方で同じです。式(2)は両方の機械の両方の速度を表します。

DCモータの速度調整

定義:DCモーターの速度調整は、無負荷から全負荷までの速度の変化として定義されます。それは全負荷速度の分数またはパーセンテージとして表されます。

単位速度あたりのレギュレーションは、全負荷に対する無負荷と全負荷の差の比率として定義することもできます。これは以下の式で与えられます。

DCモーターの速度制御式5

どこで、

  • Nnl 無負荷速度です
  • Nフロリダ 全負荷速度です。

ほぼ一定の速度または無負荷と全負荷との差が非常に小さいモータは、速度調整が良好であると言われています。

また読む: