/ / DC機の損失

DC機の損失

損失 DCマシンで発生することは5つの基本的なカテゴリに分けられます。さまざまな損失は 電気の または 銅損 (私2R損失)、 コア損失 または 損失、 みがきます 損失、 メカニカル 損失、 迷い 負荷損失これらの損失について以下に詳細に説明する。

内容:

直流機における損失

直流機の電気または銅損

これらの損失は、巻線損失としても知られています。巻線の抵抗により銅損が発生します。オーミック損失は巻線に流れる電流によって発生します。電機子巻線に加えて存在する巻線は界磁巻線、補間巻線および補償巻線である。

アーマチュア銅損= Iある2Rある 私はどこある は電機子電流、Raは電機子抵抗です。これらの損失は全負荷損失全体の約30%です。

シャント機、シャントフィールドの銅損は2shRsh、ここでsh シャントフィールドの電流であり、Rsh シャント界磁巻線の抵抗です。シャント調整抵抗はRに含まれていますsh.

シリーズ機直列巻線の銅損は2それ自体Rそれ自体どこで、私はそれ自体 直列界磁巻線を流れる電流であり、Rはそれ自体 直列界磁巻線の抵抗です。

複合機シャント損失と直列磁界損失の両方が発生します。これらの損失は全負荷損失のほぼ20%です。

極間巻線の銅損は、ある2RここでR 極巻線の抵抗です。

もしあれば補償巻線の銅損ある2Rc ここでRc 補償巻線の抵抗です。

直流機の磁気損失またはコア損失または鉄損

コア損失は ヒステリシス そして 渦電流 損失。機械は通常一定の磁束密度と一定の速度で運転されるので、これらの損失はほぼ一定と考えられます。これらの損失は全負荷損失の約20%です。

直流機のブラシ損失

ブラシの損失は間に起こる損失です整流子とカーボンブラシ。ブラシ接点での電力損失です。ブラシ降下はブラシ接触電圧降下および電機子電流Iaに依存する。これは以下の式で与えられます。

DC機械損失 - 式

広い範囲で発生する電圧降下ブラシ電圧降下の値が与えられない場合、それが通常約2ボルトであると仮定されるよりも、ブラシの組を横切る電機子電流は、ほぼ一定である。したがって、ブラシドロップロスは2Iとみなされます。ある.

直流機の機械的損失

のために起こる損失機械の機械的影響は機械的損失として知られています。機械的損失は、ベアリングの摩擦損失と風損に分けられます。機械の可動部分および機械内に存在する空気で発生する損失は、風損として知られています。これらの損失は非常に小さいです。

直流機の漂遊損失

これらの損失は、さまざまな種類の損失です。浮遊負荷損失には、以下の要因が考えられます。

  • 電機子反作用による磁束の歪み
  • 転流を受けているコイル内の短絡電流。

これらの損失を判断するのは非常に困難です。 したがって、漂遊損失の合理的な値を割り当てる必要があります。ほとんどの機械では、浮遊損失は慣例により全負荷出力電力の1パーセントになると考えられています。

また読む: