/ 発電機の効率

直流発電機の効率

効率 出力電力との比として定義されます。入力パワーR =電機子回路の全抵抗(ブラシ接触抵抗、直列巻線抵抗、極間巻線抵抗および補償巻線抵抗を含む)とする。 DC発電機の効率は、以下の線図で説明されます。

DCマシン効率

  • 私は出力電流です
  • sh シャントフィールドを流れる電流
  • ある 電機子電流= I + Ish
  • Vは端子電圧です。

電機子回路の総銅損= Iある2R

シャント回路の電力損失= VHは (これにはシャント調整抵抗の損失も含まれます)。

機械的損失=ベアリングの摩擦損失+整流子での摩擦損失+風損

コア損失=ヒステリシス損失+渦電流損失

漂遊損失=機械的損失+コアロス

シャントフィールド銅損と浮遊損の合計は、負荷電流Iによって変化しない結合固定(一定)損失と見なすことができる。

したがって、(シャントおよび複合発電機での)一定の損失=浮遊損失+シャントフィールド銅損。

DCジェネレータの効率式-1

発電機効率は以下の式で与えられます。

直流発電機の効率式2

もし私がsh 私と比べると小さいですr、 その後私はある =私

したがって、

直流発電機の効率式3

効率性G 分母Dが最大のときr 最小です。

どこで、

DCジェネレータの効率式4

Dr 最小の場合

直流発電機の効率式5

また、

直流発電機の効率式6

d以来2Dr/ dI2 が正の場合、式は式(1)で与えられ、Drの最大値に対する条件および効率の最大値に対する条件である。

式(1)は、DCの効率が負荷電流の2乗に比例する損失がDC発生器の一定の損失に等しいとき、発電機は最大になります。この関係は、機械の種類にかかわらず、すべての回転機械に等しく当てはまります。

変動損失が一定損失に等しいときに最大効率が生じるので、この関係は時々誤って述べられます。

最大効率に対応する負荷

しましょう、

  • フロリダ 全負荷電流になる
  • M 最大効率時の電流

DCジェネレータの効率式-7
したがって、最大効率の場合、最大効率での電流は以下の式で与えられます。

直流発電機の効率式-8

また読む: