/ 伝送線路の静電容量

伝送線路の静電容量

伝送線路導体はそれらの間にコンデンサ。伝送線路の導体はコンデンサの平行板として機能し、空気はそれらの間の誘電体のようなものです。線の静電容量は、導体間に誘導電流を生じさせる。それは導体の長さによります。

ラインの静電容量はに比例します伝送線路の長さそれらの影響は、短絡(長さ80 km未満)および低電圧送電線の性能にはほとんど影響しません。高電圧で長い線の場合、それは最も重要なパラメータの1つと考えられています。

2線式ラインの静電容量

伝送線路の静電容量コンダクタンスとシャントアドミタンスを形成します。伝送線路のコンダクタンスは、導体の表面上の漏れによるものです。それぞれ半径rの2つの導体aおよびbからなる線を考えた。下の図に示す導体間の距離はDです。

ライン間容量
導体aとbの間の電位差は

静電容量-1
どこで、qある - 導線aの充電
qb - コンダクタbの充電
Vab - 導体aとbの間の電位差
ε-絶対誘電率

静電容量-2
そのため、

キャパシタンス-3
これらの値を電圧方程式に代入すると、

静電容量-4
導体間の静電容量は

静電容量-5
Cab はライン間容量と呼ばれます。

2つの導体aとbが逆に帯電していて、それらの間の電位差がゼロの場合、各導体の電位は1/2 Vで与えられます。ab.

ライン - ニュートラル容量
各導体とゼロ電位点nとの間の静電容量は、

静電容量-6
静電容量Cn これは、ニュートラルへの容量またはグランドへの容量と呼ばれます。

静電容量Cab は直列の2つの等しい容量aとbの組み合わせです。したがって、中性点に対する静電容量は、導体間の静電容量の2倍である。

静電容量-7
絶対誘電率εは、

静電容量-8
ここでε 自由空間の誘電率、εはr 媒体の比誘電率です。

静電容量-13
空気のために

静電容量-10
1本の導体と中性点間のキャパシタンスリアクタンス

コンデンサ11
対称三相線路の静電容量

以下に示す対称三相線に平衡系電圧を印加する

静電容量三相ライン
等間隔の三相線のフェーザ図を以下に示します。
フェーザダイアグラム三相
基準フェーザとして導体aの電圧を中性にします。

三相容量-1
導体aとbの間の電位差は、と書くことができます。

三相容量-2
三相容量-4
同様に、導体aとcの間の電位差は

三相キャパシター-3
三相ライン容量-5
式(1)と(2)を追加すると、次のようになります。

三相ライン容量-6
また、

三相ライン容量-7
式(3)と式(4)を組み合わせる

三相ライン容量8

三相容量-9
三相ライン容量-10
式(6)と(7)から

三相容量-11
ラインとニュートラル間の静電容量

三相容量-12-
対称三相線路の静電容量は二線線路のそれと同じです。

また読む: