/ 同期発電機の電圧/電圧レギュレーション

同期発電機の電圧レギュレーション

電圧レギュレーション同期発電機 端子電圧の上昇は負荷は全負荷定格値からゼロまで減少し、速度と界磁電流は一定のままです。それは負荷の力率に依存します。統一力率と遅れ力率の場合、負荷の増加に伴って常に電圧降下がありますが、特定の先行電力の場合、全負荷電圧レギュレーションはゼロです。

電圧レギュレーションは以下の式で与えられます。

同期発電機の電圧レギュレーション式1
どこで、

  • | Eある| 1相あたりの発生電圧の大きさ
  • | V | 相当たりの定格端子電圧の大きさ

この場合、端子電圧は全負荷状態と無負荷状態の両方で同じです。より低い主要力率では、電圧は負荷の増加とともに上昇し、レギュレーションは負です。

電圧レギュレーションの決定

滑らかな円筒形回転子型交流発電機の電圧の調整を決定するために使用される主に2つの方法がある。名前は 直接負荷テスト 方法と 間接的な方法 電圧レギュレーション間接法はさらに次のように分類されます。 同期インピーダンス 方法、 アンペアターン 方法と ゼロ力率 方法。

同期発電機の電圧レギュレーション図1

直接負荷テスト

交流発電機は同期速度で動く端子電圧はその定格値Vに調整されます。負荷は、電流計と電力計が所定の力率で定格値を示すまで変化します。負荷は取り除かれ、速度と電場励起は一定に保たれます。開回路および無負荷電圧の値を記録する。

それはまた、パーセント電圧調整から見いだされそして以下に示される式により与えられる。

同期発電機の電圧レギュレーション式2

直接負荷の方法は、5 kVA未満の定格電力の小型オルタネーターにのみ適しています。

電圧調整の間接的な方法

大型オルタネーターの場合、3つの間接的な方法を使用して、以下のように電圧調整を決定します。

  • 同期インピーダンス法またはEMF法。
  • 電圧調整のアンペアターン方式またはMMF方式。
  • ゼロ力率法またはポーター法
また読む: