/ /トランス巻線抵抗

トランス巻線抵抗

理想的なトランスには抵抗がありませんが、実際のトランスでは、一次巻線と二次巻線には常にある程度の抵抗があります。計算を簡単にするために、トランスの抵抗はどちらの側にも移すことができます。抵抗は、電圧降下のパーセンテージがどちらの側で表されても同じままであるように、一方の側から他方の側へ移動される。下の図では、これらの抵抗は巻線の外側に示されています。

トランス巻線抵抗回路-1

一次抵抗をRとする。1 二次側に伝達され、この抵抗の新しい値はR '1。 R´1 下図のように1次側の等価抵抗を2次側といいます。私1 そして私2 それぞれ全負荷の一次電流と二次電流です。

トランス巻線抵抗式2

その後、

巻線抵抗付き変圧器式1

二次側の総等価抵抗

トランス巻線抵抗式-3

今抵抗Rを考慮しなさい2それが一次に移されるとき、新しい抵抗の値はR 'です2。 R´2 下の図に示すように、は1次側と呼ばれる2次側の等価抵抗と呼ばれます。

トランス巻線抵抗回路2

その後、

トランス巻線抵抗式-5

一次側を基準とした総等価抵抗

トランス巻線抵抗式-6
変圧器の巻線が星形に接続されている場合、それらの抵抗は中性点と線路の間で測定されます。

また読む: