/ トランスの抵抗とリアクタンス

トランスの抵抗とリアクタンス

トランスの抵抗は次のように定義されます。一次巻線と二次巻線の両方の内部抵抗。実際の変圧器では、一次巻線と二次巻線はRで表される抵抗を持っています。1 とR2 Xによるリアクタンス1 とX2。変換比をKとする。 計算を容易にするために、抵抗とリアクタンスをどちらの側にも移すことができます。つまり、すべての一次項が二次側に参照されるか、またはすべての二次項が一次側に参照されます。

一次側と二次側の抵抗降下と反応性降下は次のように表されます。

  • 二次側の抵抗降下= I2R2
  • 二次側での反応ドロップ= I2バツ2
  • 一次側の抵抗降下= I1R1
  • 一次側の反応性低下= I1バツ1

1次側から2次側への参照

変換比がKであるので、二次側に関して言及されるような一次抵抗および無効降下はK倍、すなわちK Iとなる。1R1 とK I1バツ1 それぞれ。もし私が1 KIと等しく置換される2 それから私達にKと等しい二次側と呼ばれる一次抵抗、および反作用の低下があります22R1 とK22バツ1 それぞれ。

抵抗・リアクタンス回路図

トランスの総抵抗降下

抵抗 - リアクタンス - 式1

変圧器内の総反応性降下

抵抗とリアクタンス

用語

抵抗とリアクタンス
2次側を基準としたトランスの等価抵抗とリアクタンスを表します。

どこで

抵抗 - リアクタンス - 式4

抵抗とリアクタンスのフェーザ図

上記のフェーザ図から、方程式は次のように形成されます。

抵抗 - リアクタンス - 式5
どこV2 二次側端子電圧およびI2 二次電流は端子電圧Vより遅れる2 角度φだけ。

という言葉から

抵抗とリアクタンス式6

非常に小さく、用語と比較して無視されています
抵抗 - リアクタンス - 式7

今方程式は次のようになります

抵抗とリアクタンス式8

どこV1 一次巻線への印加電圧

変圧器の二次側の負荷が純粋に抵抗性である場合、φ= 0であり、式(1)は次のようになる。

抵抗 - リアクタンス - 式9

トランスの2次側の負荷が容量性である場合、φは負と見なされるべきで、式(1)は
抵抗 - リアクタンス - 式10

また読む: