/ /トランス効率

トランス効率

効率 変圧器の入力電力への有用な電力出力。入力電力と出力電力は同じ単位で測定されます。単位はワット(W)またはKWです。トランス効率はefficiencyで表されます。

トランス効率 -  EQ-1
どこで、

  • V2 - 二次端子電圧
  • 2 - 全負荷二次電流
  • コスφ2 - 負荷の力率
  • P - 鉄損=ヒステリシス損+渦電流損
  • Pc - 全負荷銅損= I22解像度

xは全負荷の割合です。 xに関するトランスの効率は次のように表されます。

トランス効率 -  EQ2
銅損は負荷の割合によって異なります。

トランスの最大効率条件

負荷と力率とともに変圧器の効率は与えられた関係で表されます。

トランス効率 -  EQ3
端子電圧Vの値2 ほぼ一定です。したがって、与えられた力率に対してトランスの効率は負荷電流Iに依存します。2。上記の式(1)において、分子は一定であり、変圧器Iに関する分母が次式の場合、変圧器効率は最大となる。2 ゼロと見なされます。

トランス効率-EQ4
すなわち銅損=鉄損

したがって、トランスの銅損が鉄損に等しいとき、トランスは最大効率を与えます。

トランス効率 -  EQ-5

式(2)から出力電流Iの値2 トランスの効率が最大になる点は、

トランスフォーマー効率​​-EQ6

xがトランスの効率が最大になる全負荷KVAの割合

それから、銅損= x2Pc (ここでPc 全負荷銅損)

鉄損= P

最大効率のためにx2 Pc = P

トランス効率 -  EQ-7

したがって、最大効率に対応する出力KVA

トランスフォーマー効率​​-EQ8

上記の式(3)からのxの値を式(4)に代入すると、次のようになる。

トランス効率-EQ9
上記の式(5)は変圧器の最大効率条件である。

また読む: